2017-09

セイラさんかミライさんかといえば、ミライさんが理想。

なかなか更新が出来ていないブログではありますが、名刺交換させていただいた方にも「ブログおもしろいですよね」と言われることがある。ありがたやありがたや。リアルの喋りは苦手でも、インターネットでは饒舌であるネット弁慶を名乗ってきた甲斐があります。インターネットがあって良かった。キーボードというものがあって良かった。ありがとう発明した偉い人!(誰か知らないけれど)

ってなワケで、お仕事用としてこのホームページを開設しているのだけれど、ほら、なんていうか、わたくしネームバリューがあるわけでもなく、極端な低価格や短納期でもないので、わたくし自身に興味を持っていただかないと、お仕事も何もお声がかからないワケですよ。ですのでブログではお仕事とは関係のない内容を綴ってばかりだけれど「この人おもしろい」って興味を持っていただけることが大事かなと考えて書いております。話が脱線しますが、〜ます。と書くと、マス大山と書きたくて仕方がなくなる。マス大山とは、言わずもがな極真空手総裁の大山倍達氏のことなのですが、わたくし、マス大山のビデオをレンタルしてきて館長演舞の真似を練習するという明るい青春時代を過ごしておりますので、ますという言葉=マス大山と心が反応してしまうのは当然なのかもしれません。だからなんだって話だけれど。

*

ブログにこのようなことを書くとクレーマー気質っぽくてアレなのですが、先日、娘を幼稚園に迎えにいった帰りに某お店でお買い物をしていたのです。そのときに店員さんがずっとこちらを見ていて、はじめは気のせいかなと思っていたのだけれど、移動すると同じように移動してくる。ナヌ?と思い更に移動しても同じ。ならばと陳列棚のレーンをふたつ移動してみると、同じく移動してくる。そこで「ああ、悪いことをすると思われているのだな」と確信したのでした。幼児連れの人は何かとトラブルが多いのかもしれないけれど、あからさまな態度でこられると「なんだかなぁ」と、わたくしの中の阿藤快さんが出てきてしまう。不審者だとマークするのはお仕事熱心で良いことかもですが、その際は忍びの者くらい相手に気付かれないようにしてもらいたい。

ちなみに、わたくしが盗むのは人の心だけです。(カリオストロの城っぽく)

2017-09-15 | Posted in DaysComments Closed