Days

綴っていこうと思う。

ブログを書かないととかポートフォリオも更新しないとなんて思いながらもダラダラと放置をしていました。そういえば二十代の頃、知人男性が裸で首輪をつけられた状態でホテルの廊下に放り出されたという放置プレイ話を嬉しそうにしていたのを聞いたとき、わたしは放置プレイの趣味はないなと確信したのですがホームページは放置をしてしまった。人生ってわからないものですね。

まあ、そのようなコトはさておきFacebookやInstagramは日に何度も投稿しているのにブログとなると、なんだか変に構えてしまって『〜しないと』って気持ちになるのはなんでだろうって考えてみたら、突然ニュータイプのアレみたいな感じでピキーンと閃いた。わたしがブログを書けないでいたのはとっても単純な理由で、単にわたしが変わり者なだけだった。ズコー。いや、これワリと真面目な話なのですけれど、昔々インターネットに文章を書くことに夢中になっていた(ネット弁慶が故に)1999年からの10年間ってほぼ毎日ネット上に文章を書いていて、発信することが楽しくてたまらなかったのです。ニッチな世界なりにそこそこの知名度がある方だったのもあり発信すれば良くも悪くも何かしら反応があるのも楽しかった。でももう随分と前からブログを書くことって特殊なことではなくなっているし、ブログで集客とかが当たり前になっていて、それが何だかわたしには違和感があってモヤモヤとしていたのです。

例えば、ブログに書いてある文章が超おもしろかったりステキだったりしていたら「ステキ!抱いて!」って気持ちになるくらいそれを発信している中の人のファンになっちゃうのだけれど(実際に抱かれたいワケではないですよ。エアです。エア抱かれです)わたしが知っている限りのブログの八割くらいは、ふんわりとしたイベント宣伝だったり、ふんわりと何かを販売したいだけだったりで心に響かない。当たり前のことだけれど心に響かないとその人のファンになれないのです。ついでに書いちゃうと、ふんわりと宣伝する人よりも「ガッツリ儲けたいからイベントに来てね!」くらい書いてくれる人の方が変態のわたしとしては「わあー!何この人!銭ゲバでおもしろい!」と俄然興味が湧きます。おそらく少数派だとは思うけれど。話がそれちゃいましたが、まあ、わたしも個人で細々とお仕事をしている身ですのでブログに変なことは書けないなとか、ブログで集客しなくちゃ仕事がなくて死ぬー(死なないけれど)とか考えちゃって、結局それが自分の言葉や心ではないことを発信するストレスがかかりブログが書けない病に繋がっていたのです。

ですので、もう楽しんでしまおう。FacebookもInstagramも完全にプライベートなことばかり発信しているし、わたし自身が楽しめないと他の誰かを楽しませることなんて無理なのだと思うし、塩がなければ戦えないとホワイトベースの料理長タムラは言っていたけれど、ブログで集客できなくても戦えないわけではないし、そもそも戦う気なんてないのだし。楽しみたいの。誇りたいの人生を。誇りたいんだよぉ〜!キン肉マンとの戦いを(血の涙を流しながら)

と、いうワケでデザインのお仕事は常に募集しております。

2016-11-25 | Posted in DaysComments Closed