2016-03

逆断捨離。

新しくソフトを覚える機会があったので、普段は買わない操作マニュアル本を購入した。マニュアル本を読むまでは少し輪郭がぼやけていた感じだったのだけれど、購入したマニュアル本がたまたま良かったのか自分に合っていたのか、堰を切ったように「こういうことかー!」と理解できました。

この急に視界が開ける感じというか、頭の中で文字の洪水が起こるような感じというか、JOJOの岸辺露伴のヘブンズドアーのような感じというか、これがとても心地よい。アウトプットすることよりもインプットするほうに興奮を覚えるのは、イメージを具現化していくデザイナーとしてはどうなのよと思ったりもするけれど、まあ、これは性分なので無理に変えることはできないのだろう。話は少しそれるが、三月は誕生月なのもあって少し特別な気持ちになる。何か具体的な目標を持っていないけれど、43歳になるまでの一年間を健康で穏やかに暮らしたいのと、いつかアウトプットする日のために、この一年もどんどんインプットをしていきたい。

インプットしたものが頭の中で雑然としているので少しばかり整理をしようと思いノートに書き出してみた。書き出すことで頭の中が整理整頓された本棚のようになる気がしたからだ。結果は逆にどんどんアレコレと追加されていく逆断捨離だった。一時期、モノを持つことが恐怖というか、モノを持つ自分に対しての嫌悪があって(少しばかり疲れていたのだと思う)モノをどんどん処分した。モノが減ることによって部屋はとてもスッキリとしたし余分なモノを買わなくなった。けれども気持ちはスッキリしなかった。断捨離がダメっていうのではなく、これって自分に合ってなかったというだけの話なのだけれど、まあ、そのような経験を経て現在は逆断捨離な生活をしているわけです。

モノを持つことも、わたしの中ではインプットなのだろう。たぶん。きっと。

2016-03-28 | Posted in DaysNo Comments »